2012年3月21日水曜日

「温た鍋」で炊いたご飯はデラうま!


味噌づくりの後は、ご飯!というわけで(笑)なんと地元・多治見で「土鍋を使った炊飯教室」が開催されていましたので、参加してまいり
ました。 講師は、ごはんソムリエの飯田先生。飯田先生によると、この土鍋は「温た鍋」といって、主に炊飯メインで使う土鍋とのこと。土鍋でおいしいご飯を炊くには、目と耳と鼻を使う、五感をフルに使うことが重要だ、というお話でした。

また、大事なのが、吸水時間。夏場は1時間、冬ならたっぷり2時間、最低でも30分は取って欲しいとのこと。お米が水を十分吸収しなくては、美味しいご飯が炊けません。炊飯器では、研いでからすぐにスイッチぽん!としてしまうことが多いのですが、炊飯の鍵は、吸水、そして、土鍋で炊く場合は、さらに、ゆげの出具合、グツグツと沸騰し、蟹穴、と呼ばれる、沸騰穴を目と耳で、そして、焦げるかどうかお米の香りを鼻でしっかり確認することで、美味しいお米が食べられる、まるで、総合格闘技のようですね。

でも、そこまですることで、美味しいご飯にありつけるかありつけないか、の差になるとのことです。

飯田先生の「美味しいご飯を食べよう!日本にはお米があるんだ!」という熱い思いと、美味しいご飯を炊きたい、そんな土鍋を作りたい、という開発者の若尾さんの思い、今回の「美味しいお米を楽しみたい!」と熱い心で勉強会を主催してくれた加藤さん、そして、参加者の皆さんの情熱が、この会場を包んでいました。土鍋で炊いたご飯は、おにぎりにして、そして、加藤さんやスタッフの皆さんがご用意してくださったお惣菜を参加者全員で楽しみました。

土鍋で炊いたご飯は、お米本来の味と風味を十分に感じることができるものです。お米が持っている味とは、どういうものかとは、あまり味わうことなく食べていたわけですが、土鍋ごとの比較もあり、じっくり味わうことで、米本来の味を感じることができたのはとても新鮮でした。

いったんご飯だけで味わったあとに、しょうゆをつけたり、海苔をつけたりして食べたのですが、蕎麦好きな方が、何もつけずに、蕎麦だけで味わうように、ご飯だけで味わったほうが、美味しさをより深く感じることができました。

普段いかに時間や効率優先にして、大事なものを見失っている生活をしているのか、と気づくこともできました。ご飯が本来持っている美味しさをあらためて感じることができた贅沢なひとときでした。ありがとうございました。

「温たなべ」は多治見の丸志げ陶器さんで製造販売されています。美味しいご飯を楽しみたい、という方にとってはたまらないと思います。興味の有る方はぜひどうぞ。 最後まで読んで頂きありがとうございます。続きはfacebookページで。

「いいね」をポチっとよろしく! ↓

ピンチはチャンスのビジネス塾今後の講座予定はこちらです。 クリック応援お願いします←クリック応援お願いします。 週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌] 源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典

ブログパーツ

次の記事もお勧めです。

Related Posts with Thumbnails

こちらもお薦め