2011年12月7日水曜日

「なぜ?」から考えよう。

Sdimage_261

写真は、先日とうしん経営懇親会の視察で訪問した「未来工業」さんに飾ってあった看板です。

いつもありがとうございます。前回12月1日のピンチャン塾「あなたの天才を発見する」講座も大変に嬉しく皆様にお礼申し上げます。おかげさんで81回も続けさせていただくことができました。ありがとうございます。

 この講座では、もともと皆さんが持っている「潜在能力」をフルに発揮できる方法を明らかにして、来る2012年良いスタートダッシュをして欲しい、と願うものです。そのために3つのポイントをご紹介させていただきました。心温まる演習もできましたね。

 とにかく嬉しい講座になりました。

 さらに今回初参加の大沢さんがいらしてくださってピンチャン塾が別次元に変わったことを感じました。大沢さんはなんと70代。70を超えて今なお勉強されようとするその意欲に頭が下がります。悠々自適な生活で、別に勉強すらしなくても良いような方のほうが勉強する。40歳も年下の講師のもと、ピンチャン塾で一緒に学びながらお話をしながら交流できるなんて、なんと幸せなんでしょう。

 先日、著者ばかりが集まる勉強会に参加したのですが、著者の方々というのは、皆さん本当に勉強熱心なんですね。人に教える立場だったり、専門家だったりするわけですが、皆本当に熱心です。傍からみたら「もうあんた、勉強せんでもええがな」って方ばかりなのに、熱心に学ぶ。分からないところは「そこ教えてください」ってもうすごい。

 ピンチャンでもそうです。ピンチャンはそもそも30—40代をメインに考えて講座を設計しています。ですが、実際にいらしてくださっていて、熱心なのはやまださんや細川さん、小椋さんら年長の皆さん方です。本業でも目一杯がんばってて忙しい方々のほうが熱い。本当はもう勉強しなくてもいい人のほうが熱心に勉強して、次のレベルへステップアップしていこう、と意欲的です。

 これはもう講師としては、こちらも目一杯応えていくしかありません。多治見だから田舎だから若いとか年長とか女性が少ないとか会費がとか余計な雑念はありません。参加される皆さんの情熱を超える、熱い勉強会を今後も続けていきたいと思っていますので、これからもよろしくです。

 ピンチャンとしても、多治見・土岐にお住まいの日経新聞読者の方向けに折込チラシを入れてみました(12月8日配布予定)。ちっちゃいチャレンジですが、やっていきますよ!

 さあ、明日はジョブズ氏のプレゼン講座(第2回)など面白くて役に立つ内容でピンチャン塾はどんどん進みます。12月もお楽しみに。

今日も あなたにとってきっと有益だと思う記事をいくつかご紹介したいと思います。

○「ジョブズ流プレゼン技術」マスター講座(第2回)

○ボツになった「テレビ産業壊滅の真相」

○「食べて応援」は幻想だ! 「買い叩かれている」福島の農家がブログで「現実」暴露

○ゆるキャラ「バナナマン」が売る干物

友人の秋武さんが日経ビジネスオンラインで取り上げられました。とても嬉しいです。

○スマートフォン使用で体を痛める人が増加、使いすぎにご用心

○6年もの月日をかけたプロポーズ

○結局、街はローカルが勝ち!

○年収は性欲で決まる

○経営術をたった3分で学べる…かもしれない4ステップ

○人間には「脳の中で自主的に視覚を変更できる能力がある」

あなたにとって今週ももっと善くなりますように!それでは、12月8日午後7時、まなびパークたじみ 1階会議室和室でお会いできることをたのしみにしています。

Posted via email from dialogjapan's posterous

次の記事もお勧めです。

Related Posts with Thumbnails

こちらもお薦め