2011年12月22日木曜日

岐阜県経済の現状(12月)が発表になってました。

岐阜県より、県の経済の現状についてのレポートがありましたので、お伝えします
(詳細は添付PDFをご覧ください)
-------------------------------------------------

平成23年12月2日作成
岐阜県経済の現状のポイント(12月)

2011年12月21日水曜日

女子100レストランシリーズ 高山編2

高山といえば、飛騨牛、朴葉味噌焼き、高山ラーメン、「赤かぶ」等の漬物、地酒・・・などが定番です。でも、連泊していればどんなに美味しい食事でもラーメンでも飽きてしまうもんです。そうだなあ、イタリアンなんてどうなのかなと、地元の方の紹介で訪問したがのこちら

2011年12月20日火曜日

5年前の収入と今の収入を比較して、ほとんど変わらなかったとしたら、、、

こんにちは。いつもありがとうございます。前回のピンチャン塾「1分間自己紹介」ありがとうございました。

1分間の中で自分のことを伝え、共感を得ながらビジネスパートナーとして考えてもらうためには、何を、どういう順番で伝えれば良いのか、を体感してもらいましたが、いかがでしたでしょうか。

 実はこの講座は3月にも行ないまして、このときもかなり好評でした。ですが、自己紹介は固定させているものではありません。常にバージョンアップさせていく必要があります。なぜなら3月次のときのあなたと、今のあなたとは異なっているからです。最新版のあなたを、1分という短い時間の中でビシッと伝え、一緒に何かやっていきたいな、と感じてもらうためには何を言ったらいいのか。カンタンに答えはでないと思います。

 話すことを決めるだけでは不十分です。頭の中で「わかったつもり」では不十分です。実際に何度も何度も話すことによってのみこなれてくるものです。そして、話しながら、1分で何を言うべきか、どういう順番で言うべきか、このネタがうけてるな、受けてないな、を一瞬で判断し構成していく力を養っていくのです。ローマは一日でならず、自己紹介も1回の講座だけではならず、というわけで、自己紹介練習は、Good&New同様定期的に実践していきたいと思っています。

 それでは今週の役立つ情報をご紹介します。

○2012年、周りの人を動かす「リーダーシップ」の作り方

○「急上昇検索語トップ10」で見る2011年

○バルサ指導者が語る最強の理由 
○1ドル70円時代に突入!競争社会をいかに勝ち抜くか?
<a href="http://www.igf.jp/2011/1202/6281/

下呂の名物「鶏ちゃん」を体験してみました。

岐阜県には「鶏ちゃん」という伝統料理があります。ジンギスカン鍋に、特製の甘辛たれに付けた鶏肉と野菜を焼く料理のことです。主に郡上や下呂の家庭料理です。「です」と書きましたが実は初体験。

下呂の酒屋「忠六」さん
に「下呂に来たなら今日はここ」と案内されたのがこちらの「杉の子」さん。
初「鶏ちゃん」体験です。女将さんの齋藤順子さんは、もともと下呂の旅館の女中さんだったそうです。勤務中に骨折したことで、立ち仕事や運び仕事が出来なくなりやむなく退職。このまま失業しているわけにはいかない、と一念発起。幼い頃母親が良く作ってくれた「鶏ちゃん」の味を再現しようと3年間も試行錯誤した後、しょうゆをベースにした現在の味に辿り着いたとのこと。

「鶏ちゃん」はお店によって鶏肉&野菜の組み合わせが変わるようですが、齋藤さんによれば「野菜はキャベツのみ。他の野菜を入れるのは邪道」とばっさり。

「どうしてですか?」と尋ねると

2011年12月19日月曜日

蕎麦好きなら行ってみたい 明智のやまだや

ここ1年ほど蕎麦が大好きになりまして、結構あっちこっちへ食べに行っています。やっぱり!とお気に入りなのが、この「岩魚と十割蕎麦の【やまだや】」さん。

明知から恵那へ向かう国道363号線沿いの看板に誘われて、左折して進んでゆきます。曲がりくねった細い道に「本当にこの先にあるのかな?」と不安になります。その不安を乗り越えて1100m進んでゆくと、そこに当店があります。

香りの良い十割蕎麦で「ざる&岩魚セット」(1400円)、「鶏くん製入り温つけそば&岩魚セット」(1600円)がお奨めです。

というのも、当店では岩魚が自信作だからです。岩魚は1時間焼かなければ美味しく焼けないそうです。それを短時間で出せるように店主が苦心を重ね、塩焼き、しょうゆ焼き、味噌焼きと3種類の岩魚焼きを楽しむことができますよ。

さて、十割蕎麦と言ってもいろんな蕎麦があります。

2011年12月17日土曜日

女子100レストラン 高山編1

ども!女性に人気。お客さんの女子率100%のレストランを紹介する「女子100レストラン」シリーズ。今回は番外編として、先日出張で出かけた高山市の女子100レストランをご紹介したいと思います。

出張で出かけた高山、何度訪問しても好印象は変わりません。いや、都度好印象が増していきます。

「ビバ!高山!」と叫びたくなります。笑

ナイスな町です。人口規模は多治見と同じ程度で10万人弱。。。なんですが、観光客数は桁違い。なんと年間300万人が訪れる、というのですから驚きですし、うらやましい。高山市は観光産業が重要な産業です。なので、国内外からやってくる観光客へのおもてなしはとっても素晴らしいです。正直、多治見や東濃地方は、「おもてなし心」がまだまだ薄い気がします。 他の都市から移り住んできた方にうかがいますと、「多治見は殿様的」「「買ってやってやる」という意識が強くてサービス悪」など悲しい声を耳にします。  美濃焼はいまや実需というよりも、観光資源化することによって、「外貨を稼ぐ」可能性を持っています。でも、肝心要の「おもてなし心」つまり、サービスが悪くては話になりません。せっかく多治見へ訪問しても、サービスの悪いお店やレストランばかりだとがっかりされてしまいますよね。 市民レベルでサービス精神が浸透している高山市とはずいぶん差がついてしまっています。これからの多治見の課題だと思います。なんて、堅い話はこれくらいにしておいて、今回、高山で案内していただいた、女子100レストランをご紹介しましょう!

2011年12月15日木曜日

見積もりビジネスから脱却する方法

Happy-life1

いつもありがとうございます。前回12月8日のピンチャン塾「ジョブズ流プレゼン第2回」講座も大変に嬉しく皆様にお礼申し上げます。新たな仲間と共に、活発な交流と演習で盛り上がりました。ありがとうございます。

 牛丼チェーン大手3社の2011年11月の売上げが、大々的なセールを開催したにも関わらず全て前年割れになったそうです。

 理由はいろいろあるでしょう。しかし、それぞれの会社は「なぜうちの会社は割引するのか?」に対して明確な答えを出すことができなかった、と理由もあると思います。

 他社が仕掛けた競争の前に、信念なしに「お腹の中に持ちが良い料理を競合よりも安く提供すればお客は満足して贔屓にするはずだ」といった思い込みがあったのではないでしょうか。

 他社が安くしたから、うちも安くした、という考えに戦略的な発想はありません。ただライバルの動きに反応しただけです。自分が何を大事に考えているのか、お客さんに何を感じて欲しいのか、どんな気持ちになって欲しいのか、という質問に答えることができなかったのではないでしょうか。

 どんな企業にも、ぶれない価値観や信念を持っているものです。「何を大事にすべきか」迷ったときに、必ず立ち返る企業精神のようなものがあるはずです。こうした信念を持っていないと、流行に左右され、時代に翻弄されてしまいます。

 ピンチャン塾には「眠っている才能を引き出して、世界に通用する次代のリーダーを多数輩出する」というビジョンがあります。世間的に人気がない、つまらない、と思われるような内容であっても「世界に通用する次代のリーダーを輩出するために必要な内容」ならば文句を言われようと、参加者が減ろうと提供する、そんな信念を持っています。

政治でも企業でも「我々を取り巻く激しい環境の変化に対応するため」と言いながら、大事なものを見失い、ぶれ続けては信頼を築くのは難しいでしょう。

「我々は何を大事に考えているのか」を明確に選ぶ、そんな時代がやってきているような気がします。

 さあ、明日は「1分間自己紹介再び」ということで、3月に行なった「自己紹介」のバージョンアップ版です。あれから半年以上経過して、あなたの自己紹介も3月とは大きく異なるものになっているのではないでしょうか。年内は来週パーティーで終了です。来年も面白くて役に立つ内容でピンチャン塾はどんどん進みます。2012年もご期待下さい!

今日も あなたにとってきっと有益だと思う記事をいくつかご紹介したいと思います。

○面接・就活・商談に勝つための「1分間自己紹介」

○見積もりビジネスから脱却する

○自分を縛る「恐れ」を手放す方法〜エクスポージャー(持続的暴露療法=逃避反応妨害法)

○リピートがすべて

○NHKのアナウンサーが話す速度はどれくらいですか?

○研究結果:お人好しほど収入は少なくなる

○名監督とは言いがたい〜なぜ落合ドラゴンズはリーグ優勝すると日本シリーズで負ける?

○バブル崩壊後の日本の教訓を生かすべき

○福島の農家はオウム信者と同じ

あなたにとって今週ももっと善くなりますように!それでは、明日15日午後7時、まなびパークたじみ 1階会議室でお会いできることをたのしみにしています。

Posted via email from dialogjapan's posterous

2011年12月7日水曜日

「なぜ?」から考えよう。

Sdimage_261

写真は、先日とうしん経営懇親会の視察で訪問した「未来工業」さんに飾ってあった看板です。

いつもありがとうございます。前回12月1日のピンチャン塾「あなたの天才を発見する」講座も大変に嬉しく皆様にお礼申し上げます。おかげさんで81回も続けさせていただくことができました。ありがとうございます。

 この講座では、もともと皆さんが持っている「潜在能力」をフルに発揮できる方法を明らかにして、来る2012年良いスタートダッシュをして欲しい、と願うものです。そのために3つのポイントをご紹介させていただきました。心温まる演習もできましたね。

 とにかく嬉しい講座になりました。

 さらに今回初参加の大沢さんがいらしてくださってピンチャン塾が別次元に変わったことを感じました。大沢さんはなんと70代。70を超えて今なお勉強されようとするその意欲に頭が下がります。悠々自適な生活で、別に勉強すらしなくても良いような方のほうが勉強する。40歳も年下の講師のもと、ピンチャン塾で一緒に学びながらお話をしながら交流できるなんて、なんと幸せなんでしょう。

 先日、著者ばかりが集まる勉強会に参加したのですが、著者の方々というのは、皆さん本当に勉強熱心なんですね。人に教える立場だったり、専門家だったりするわけですが、皆本当に熱心です。傍からみたら「もうあんた、勉強せんでもええがな」って方ばかりなのに、熱心に学ぶ。分からないところは「そこ教えてください」ってもうすごい。

 ピンチャンでもそうです。ピンチャンはそもそも30—40代をメインに考えて講座を設計しています。ですが、実際にいらしてくださっていて、熱心なのはやまださんや細川さん、小椋さんら年長の皆さん方です。本業でも目一杯がんばってて忙しい方々のほうが熱い。本当はもう勉強しなくてもいい人のほうが熱心に勉強して、次のレベルへステップアップしていこう、と意欲的です。

 これはもう講師としては、こちらも目一杯応えていくしかありません。多治見だから田舎だから若いとか年長とか女性が少ないとか会費がとか余計な雑念はありません。参加される皆さんの情熱を超える、熱い勉強会を今後も続けていきたいと思っていますので、これからもよろしくです。

 ピンチャンとしても、多治見・土岐にお住まいの日経新聞読者の方向けに折込チラシを入れてみました(12月8日配布予定)。ちっちゃいチャレンジですが、やっていきますよ!

 さあ、明日はジョブズ氏のプレゼン講座(第2回)など面白くて役に立つ内容でピンチャン塾はどんどん進みます。12月もお楽しみに。

今日も あなたにとってきっと有益だと思う記事をいくつかご紹介したいと思います。

○「ジョブズ流プレゼン技術」マスター講座(第2回)

○ボツになった「テレビ産業壊滅の真相」

○「食べて応援」は幻想だ! 「買い叩かれている」福島の農家がブログで「現実」暴露

○ゆるキャラ「バナナマン」が売る干物

友人の秋武さんが日経ビジネスオンラインで取り上げられました。とても嬉しいです。

○スマートフォン使用で体を痛める人が増加、使いすぎにご用心

○6年もの月日をかけたプロポーズ

○結局、街はローカルが勝ち!

○年収は性欲で決まる

○経営術をたった3分で学べる…かもしれない4ステップ

○人間には「脳の中で自主的に視覚を変更できる能力がある」

あなたにとって今週ももっと善くなりますように!それでは、12月8日午後7時、まなびパークたじみ 1階会議室和室でお会いできることをたのしみにしています。

Posted via email from dialogjapan's posterous

次の記事もお勧めです。

Related Posts with Thumbnails

こちらもお薦め