2011年3月30日水曜日

被災された企業の皆様を対象に相談窓口を開設します。

 NPO多治見NOW(後藤精三理事長 多治見市)は、この度、東北・関東大震災で被災に遭われた工場や事務所の移転を検討する企業を対象に相談窓口を設けることにしました。岐阜県東濃地方(多治見・可児・土岐・瑞浪・恵那・中津川)にある工業用地の空き状況や、各自治体が実施する企業支援制度を紹介します。

 NPOがかかわるメリットとして、しがらみのない情報を届けることができるのが特長です。

 震災による施設の損壊や計画停電により、被災地では生産、管理機能を一時的に西日本へ移す企業が出ています。外資系企業の中には既に東京本社を閉鎖し、大阪をはじめ神戸などに日本支社を移しています。こうした状況を踏まえて、相談窓口では、岐阜県東濃地方の各市町村が関わる工業用地、起業支援施設の紹介や、オフィスを扱う不動産会社への相談も仲介します。県と各市町村が企業を対象に実施中の助成制度の情報も提供します。

 相談は、24時間365日受付の電子メール tajiminow@gmail.com 、電話受付は平日午前9時~午後5時に電話0572(29)4577で受け付ける。NPO多治見NOW 被災地支援プロジェクトまで。

ご意見、ご感想はtwitterかfacebookで。できればフォローよろしく! 「いいね」をポチっとよろしく! ↓ ピンチはチャンスのビジネス塾今後の講座予定はこちらです。 クリック応援お願いします←クリック応援お願いします。 週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌] 源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典

ブログパーツ

2011年3月29日火曜日

シダックス多治見光ヶ丘クラブ支配人の南良さん、本当にありがとうございました。

食べて強くなる献立とおかず―強い中高生アスリートをつくる・レギュラー獲得は食事から (主婦の友ベストBOOKS)

この3月末をもって、シダックス多治見光ヶ丘クラブ支配人の南良さんが、一宮店へ栄転されることになりました。南良さん、ありがとうございました。

南良さんと出遭ったのは、1年ほど前のこと。

元々地元出身ではない南良さん。多治見に来たものの、イマイチ馴染めず、仲間づくりに、そして、集客に悩んでいる、もっと知ってもらうためにはどうしたら良いか、と相談されたことがきっかけで、NPO多治見NOWも一緒に色んなチャレンジをしてきました。

2010年夏、シダックス全店に先駆けて、ツイッターでつぶやき開始。社内でも衝撃を与えた行動だったらしく、なんと経営幹部から「なかなかがんばってるやないか。応援してるぞ」と全国のカラオケ業界から注目される存在に。

残念ながら、他店でツイッター利用のトラブルが生じたとのことで、この活躍も自粛せざるを得なくなりました。

しかーし、そんなことではメゲナイ南良さん、ツイッターの影でこっそり自動販売機を増設。暑い多治見の夏、という気候を味方につけて、なんとシダックス全店で自動販売機売上No1を達成!

その他にも、ゲリラ的な活動を行なってきました。地域のスポーツ少年団への応援や「キャラ弁コンテスト」への協賛。骨盤体操活動の支援などなど一見地味だけど、地元へ染み込んでいく活動を進めてきました。

忘れられないのが、地元FMコミュニティ局への出演です。地元のパーソナリティ北平さんと南良さんとのやり取りはとても温かみ溢れる放送でしたね。

さらには、生涯学習が盛んな多治見市学習館が行なっている「たじみオープンキャンパス」で、初の「カラオケ教室」を南良さんは開講しました。

このカラオケ講座、瞬く間に人気講座に育て上げて「一緒にカラオケを楽しみましょう!」と多治見の団塊世代、プラチナ世代の方々のハートをぐっ!と掴みました。

南良さんの魅力的なところは、巨体に似合わずシャイなところ。厄介なクレームだったり、お客さんのわがまま的な話も持ち込まれるわけですが、「うーん」と悩みながらも、心優しき大男、という言葉どおり、なんとかしてしまう懐の広いところ。

そんな彼だから、徐々に応援する方が増えてきました。特に、デザイナーの肥田和明さんは、自身がカラオケ好き、ということもあり、カラオケ愛好会「ヒダックス」を結成。市民合唱団の仲間と共に度々南良さんのところで盛り上がってきたところ・・・今回、突然の辞令。

その報せを聞き、急遽開催した「南良さんありがとう会」は、わずか2日前フェイスブックだけの告知だったこともあり、その肥田さんと私とで南良さんを囲んでじっくり語り歌う5時間になりました。

多治見に赴任して善かったこと、地元の方と心を通わすために苦労したこと、肥田さんやカラオケ愛好家の方々との交流など知られざるエピソードに心が暖かくなりました。

南良さんは、他人を押しのけて自分をばんばん主張する方ではありません。物静かに穏やかな大自然といった大きな優しい力持ち、という風貌です。気は優しくて力持ちな大男、シャイで内気で営業というより職人気質(元々、調理師で物静かに仕事されるタイプだったとのこと)な方です。

そして、そんな南良さんが一転してプロ歌手クラスの喉を披露してくれる、といえば、ミスチルの「HERO」。社内でも南良さんの歌は評判になっているとのこと。

2011年3月26日土曜日

恵那市明智町の岩魚と十割蕎麦のやまだや 第一回試食会

イワナの謎を追う (岩波新書 黄版 272)

恵那市明智町で美味しい岩魚と十割蕎麦を楽しませてくれる「やまだや」さんが第一回の試食会を行なう、というので、行ってまいりました。

やまだやさんは、恵那商工会議所で行なわれたツイッター講座に参加されて、自分の味には自信はある、だけど、知られていない、という悩みを打ち明けておられました。

「食べてみんとわからんわ」という話をしたところ、「じゃあ食べてみて判断してよ!」ということで、今日の試食会になったのです。

集まったのは、恵那の食通を自認する、味にうるさい7名。恵那は言わずと知れた栗の名産地。そして、自然溢れたこの地では、栗のみならず、味噌・しょうゆ・お惣菜・恵那地鶏など、地産地消に適した食材に満ちている豊かな地域です。はたして、こんな食文化豊かな恵那、明智で、やまだやさんの食事はどうだったのでしょうか。

2011年3月25日金曜日

ピンチャン塾「人を動かす『物語』講座」感想(速報)

ストーリーテリングが経営を変える―組織変革の新しい鍵

今回のピンチャン塾、人を動かす「物語」講座では、遭ったとたんに話に引き込む、一発で信頼を与える、短い時間でのやり取りでもぐっと、人のハートを掴む、そんな「自分の物語」を作り方を学び合いました。

忙しい現在、人から協力を得て動いてもらう、人を動かすことは容易なことではありません。

「お金あげるから残業して」と言っても、
「お金は要りません。自分の時間を大事にしたいので」と言う。

「上司命令だ」と言っても、
「無理」って言う。

そうして、あとで心配になって「やめないでね」というと、
「やめない」っていう。

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

忙しすぎる時代なのか、心に余裕がなくなってきたのか、逆に豊かな時代なのでしょうか、権威でもお金でも人が動く時代ではなくなってきました。

そんな時代だからこそ他人と心を通じ合わせるためには、モチベーションを高め行動させるには、組織を動かすには、これまでの議論や論理といった左脳的なアプローチよりも、ストーリーテリング、物語を活用する、右脳的なアプローチが重視されはじめているのです。名経営者として名高いGE社のジャック・ウェルチ氏やIBMのルー・ガースナー氏等は組織を動かし、企業価値を上げるために物語を多用してきました。

CEOが組織に物語を語ることで、

○知識は組織のどこにあるのか
○他の人が知っていることをどうすれば知ることができるか?
○人々は正しい立ち振る舞いをいかにして知るのか?
○人々が新たな組織に加入したとき、行動の仕方をいかにして知るのか?

といった、問題への解答を与えることができるのです。誰かを何等かのことで説得しようとするときに、物語が大きな重要性を持っているのです。

そんな経営者の方だけでなく、ビジネスパーソン、自営業、フリーの方にとっても、物語は非常に重要です。なぜなら、誰もが常に他人を説得して行動してもらう必要があるからです。子供にあと片付けをさせるときも、お小遣いをたくさんもらおう、と妻に頼むときにも、上司に承認を得るためにも。

参加された皆さんの声(一部)ご紹介しましょう。

2011年3月24日木曜日

[ご協力感謝]東北関東大震災支援物資、無事到着。

いつもご支援ご協力ありがとうございます。

未曾有の大震災、日に日に被害状況が増しております。

まずは改めて被災され被害に遭われた方々へのお見舞いとお悔やみを申し上げます。

特に沿岸部の津波による被害を受けた地域での甚大な被害、そして、原発の避難は、大変心を痛めております。

先週木曜日、被災地の乳幼児向け毛布、哺乳瓶を届ける活動に多数の皆様からご協力を頂き大変嬉しく感謝しています。

さて、先ほど今回の活動を取り計らってくれた(株)グランドール 今枝社長より無事物資を仙台に届けられることができた旨の一報がありましたので、お知らせ申し上げます。

ご支援ご協力心より感謝しています。ありがとうございました。

2011年3月23日水曜日

多治見市からも受付開始!東北関東大震災義援物資

岐阜市・大垣市・各務原市・多治見市・可児市の上級・大卒程度〈2012年度版〉 (岐阜県の公務員試験対策シリーズ)


多治見市ホームページによれば、多治見市でも旭ヶ丘の美濃焼卸団地にて東北関東大震災義援物資の受付を開始したとのことです。詳しくは多治見市HP

今回の受付期間が短いので、物資で支援されたい方はお早めにどうぞ。

たじみオープンキャンパス2011春講座



なにげに更新されていた多治見市学習館が市民による市民のための市民講座「たじみオープンキャンパス」、なんと、

3.19山田珠実ダンスパフォーマンス

ダンス・コンディショニング―感じてとらえるからだの仕組みと使い方

3月19日、多治見市文化会館にて山田珠実さんによるダンスパフォーマンス~「Invention」バッハの音楽にのせて身体の謎に迫る~が開催されました。エキストラとして、多治見nowからも参加(笑)。本日付の中日新聞岐阜版にてご紹介されてましたよ。

2011年3月18日金曜日

【ご協力感謝】被災地へ乳幼児用毛布を届ける活動~積荷準備が出来ました!

こんにちは。事務局長後藤です。いつもありがとうございます。
既報のとおり 被災地へ乳幼児用毛布、哺乳瓶等を届ける活動に参加したところ、多数の皆様方からご協力ご支援頂きました。本当にありがとうございました。

さて、本件積荷の準備ができた、と、本プロジェクトをご紹介いただいたグランドール今枝社長さんから連絡がございましたので、以下の写真を皆様にご紹介したいと存じます。

明日はスーパー手作りマーケットが多治見市文化会館で開催されます。


「手作り市」が人気です。多治見でも、明日からスーパー手作りマーケット、と称した手作り市が開催されます。アマチュアもプロの方の出展もありますからアーティスト作品も並ぶようです。この手作り市は今年で3回目。定着したイベントになってまいりました。手作りファンの方、ぜひどうぞ。

追伸 

同時開催される、山田珠実さんによるダンスパフォーマンス「Invention」も4時から開催されます。http://tajibun.exblog.jp/14423997/

縁あって、NPO多治見NOWの後藤も出演!というか、バタバタとした演技?(笑)させてもらえることになりまして・・・お恥ずかしいのですが、ちょっと変わったパフォーマンスを見ても良いな、という方はぜひどぞ(笑)。美味しいコーヒーとチーズケーキがついてきます。


ご意見、ご感想はtwitterかfacebookで。できればフォローよろしく!

「いいね」をポチっとよろしく! ↓ ピンチはチャンスのビジネス塾今後の講座予定はこちらです。 クリック応援お願いします←クリック応援お願いします。 週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌] 源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典

ブログパーツ

【ピンチャン塾】ソーシャルメディア実践報告会

実践ソーシャル・メディア・マーケティング 戦略・戦術・効果測定の新法則

2010年4月からスタートしたピンチャン塾では毎月1回、ツイッター、ユーチューブ、フェイスブック、Ustreamなどソーシャルメディア活用戦略や事例を紹介してきました。今回は3月、年度末、ということもあり、これまでの戦略紹介、ということではなく、実際に活用してきた方々の生の声を聞き、自分の事例へ活かしていくにはどうすれば良いのかを議論しました。

特に、今回の地震発生時に、東京・お台場にて被災された方のツイッター事例や、まさに当日、ツイッターを通じて、チャリティ活動告知を行なったところ、実際に、何名もの方がお集まり頂き、善意を預けていただけたことなど、商売に限らず実際にソーシャルメディアの威力を目の当たりにした参加者の方々には、大きな気づきと学びが得られたものと思います。

私自身も商売を中心としたこれまでの考え方=商売や仕事優先にする考え方がこれからも正しいのか、疑問を感じ始めています。商売とは何か。つながりとは何か。単なるおしゃべりやつぶやきは無駄で非効率なことなのか、社会やネットで知り合った方々とのつながりはどうなのか。

むしろ、これからの日本では、これまでは非効率、無駄と切捨てられてきたことが実は大事なことなのかもしれません。そんなパラダイムシフトの1つが、ツイッターやフェイスブックでのつながりやつぶやきかもしれません。リアルな世界でもネットでもつながりからはじまって、つながり合えた方々と一緒に何かを創り上げていく、そんな時代が到来しつつあるのかもしれませんね。

また、東日本震災被災地へ乳幼児用毛布、哺乳瓶等を送るチャリティ活動も併せてご紹介したところ、「ツイッターをみて来ました」とおっしゃった方が来られ、善意のご協力を頂きましたことをお知らせ申し上げます。お預かりさせていただいた善意の乳幼児毛布、哺乳瓶は、日本トラック協会手配によるトラックにて被災地へ早ければ明日、土曜日に出立するとのことです。多治見、東濃地方の皆様の暖かいお心に深く感謝しています。ありがとうございました。

では、3月17日ソーシャル講座参加者の声(一部)をお聞き下さい。

日本画家近藤恵三子先生をお迎えしての「15分デッサン」講座


感性とIT力を伸ばし世界に通用する人材を多数育成する「ピンチはチャンスのビジネス塾」では3月10日、15分デッサン~クロッキー講座を開催しました。ゲスト講師に日本画家の近藤恵三子先生をお招きして、5分、3分、1分と時間を区切って、一瞬で何を描き何を描かないかを判断。直観に従って描く、をとことん実践したワークショップになりました。

まずは参加された皆さんの声を1部ですがご紹介します。

【ご協力感謝】被災地へ乳幼児用毛布を届ける活動

こんにちは。後藤です。いつもありがとうございます。本件、最初につぶやいてからわずか5時間で、約6万円以上の善意を預からせていただくことができました。つぶやきをみていらしてくださった方もおられて本当に感謝しています。ありがとうございます。


こちらの善意にグランドールさん、中部日本倉庫(株)さん等の善意も加え総額約200万円分の乳幼児向け毛布やおくるみ、哺乳瓶などを日本トラック協会さんのトラックに積み込んで、早ければ明日被災地へ向うとのことです。

この度のご支援ご協力本当にありがとうございました。

ご意見、ご感想はtwitterかfacebookで。できればフォローよろしく!



「いいね」をポチっとよろしく! ↓ ピンチはチャンスのビジネス塾今後の講座予定はこちらです。 クリック応援お願いします←クリック応援お願いします。 週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌] 源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典

ブログパーツ

2011年3月17日木曜日

被災地へ乳幼児用毛布を届ける活動にご協力下さい。

こんにちは。後藤です。いつもありがとうございます。毎週木曜日午後7時からまなびパークたじみで「ピンチはチャンスのビジネス塾」という講座を行なっています。今回のテーマは「ソーシャルメディア講座」ですが、チャリティ支援活動も協力しますので、ぜひあなたにもご協力いただきたいと思いメールしています。

参加者の今枝さんが来週月曜日にベビー用品を長久手から被災地へトラックで届ける活動を行なっています。今回、NPO多治見NOWとしても協力したいと考えています。

ご協力方法はとてもカンタンです。

本日午後7時から開催するピンチャン塾会場(まなびパークたじみ)まであなたの義援金をお持ち下さい(一口千円で何口でも可)。あなたの善意を乳幼児用毛布に換えて、茨木県、福島県の被災地へ届ける活動にぜひご参加下さい。領収書が必要な方はおっしゃってください。ただし、NPO多治見NOWは、まだ非課税認定のNPO法人になっていませんので、確定申告時の寄付金控除にはなりませんので、ご了解下さい。

一人でも多くの皆様のご支援をよろしくお願いします。。


ご意見、ご感想はtwitterかfacebookで。できればフォローよろしく!




「いいね」をポチっとよろしく! ↓ ピンチはチャンスのビジネス塾今後の講座予定はこちらです。 クリック応援お願いします←クリック応援お願いします。 週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌] 源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典

ブログパーツ

2011年3月16日水曜日

地震、津波の報に接して

3月11日に発生した東北地方太平洋沖の巨大な地震と津波の報に接して、非常に深い悲しみを覚えています。当NPOとしても、何が出来るのかを再確認しながら、スタッフ一同できることを協力してゆきたいと考えております。

被害に遭われた皆様に、謹んでお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

ご意見、ご感想はtwitterかfacebookで。 「いいね」をポチっとよろしく! ↓ ピンチはチャンスのビジネス塾今後の講座予定はこちらです。 クリック応援お願いします←クリック応援お願いします。 週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌] 源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典

ブログパーツ

2011年3月11日金曜日

急な地震で驚きました!

Img01604-20110311-1336

皆さん、大丈夫ですか!

こちらは大丈夫です。

地震があったり、雪が降ったりとこの3月は荒れ模様ですね。

明けない夜はない、春も来ます。善い一日を!

Posted via email from dialogjapan's posterous

多治見には「信濃屋」さんがあります

岐阜には素晴らしい「開化亭」さんがありますが、多治見には戦後まもなくから真摯に麺に向き合い、日々挑戦し続けるうどん屋さん「信濃屋」さんがあります。ありがとうございます。

Posted via email from dialogjapan's posterous

次の記事もお勧めです。

Related Posts with Thumbnails

こちらもお薦め