2010年4月30日金曜日

舟橋 県立多治見病院名誉院長講演@瑞浪若者塾 4月26日

26日に行われた瑞浪若者塾。

 今回は県病院なのに県は口先介入するばかりで資金援助はほとんどなく、実質はほぼ自主営業資金でまかなわれている、という衝撃の事実を舟橋名誉院長先生は教えてくれた。
 
 5年前、医師、看護師、事務員がてんでばらばらで成り立たなくなる寸前だった県病院を持ち前のバイタリティとリーダーシップで「明るく楽しい職場」へと変貌させ、ついには県から独立行政法人へとまさに独立した経過を分かりやすく話してくださった。

 「医師として、病院として誰をみなくちゃいけないのか、それは、患者さんであり、一緒に働く仲間たちなんだよ」とおっしゃった舟橋先生の言葉に深く共鳴しました。ありがとうございました。
BlackBerry from DOCOMO

2010年4月29日木曜日

そろそろ田んぼに水張りの季節です。

豊かな恵みと人々に感謝しています。今日もあなたのおかげさま。ありがとうございます。
BlackBerry from DOCOMO

2010年4月28日水曜日

仕分けされてしまいました 涙

これにめげることなくがんばってまいります。ご支援のほどよろしくお願いいたします。ありがとうございます。
BlackBerry from DOCOMO

投資信託販売急伸中

東海地方の投資信託の販売額が850億円と昨年対比で2.5倍とのこと。年利10%以上の利回り商品もあるとのことで、伸びています。

※投資は自己責任で
BlackBerry from DOCOMO

中部経済新聞連載7回目 YOUTUBE営業であなたの会社が飛躍する

今日もありがとうございます。4月1日YOUTUBE画面変更にともない変更中の「最新YOUTUBE営業DVD」鋭意作成中です。遅くなってごめんなさい。許してください。ありがとうございます。
BlackBerry from DOCOMO

2010年4月23日金曜日

4月21日 中部経済新聞連載6回目

YOUTUBE営業であなたの会社は飛躍する
BlackBerry from DOCOMO

キャラ弁コンテスト@まなびパークたじみ 経過報告っす

多治見初のキャラ弁コンテストが開催中です。応募締め切りが5月5日と迫るなか担当する猪野さんを訪ねたところ笑顔が!

猪野さんといえば「厳しい」ので「緊張する」という方も多い中、この笑顔!「キャラ弁応募どんどん届いてまーす。もっと多くの方々からの応募があるといいなあ」というわけで本日4月23日までの応募総数は約20件、賞品もコミュニティタクシー賞、ジャストライフ賞、シダックス賞と地元を愛してくださる協賛企業も増えてきており、ボランティア協力している当NPOとしても嬉しいかぎりです。

キャラ弁コンテスト応募ご希望の方は、「キャラ弁コンテスト まなびパークたじみ」で検索してみてください。

なお、協賛、応援いただける企業さま団体さまも引き続き募集しています。6月の表彰式では館長とともに目録をお渡しいただけるほか、地元20の幼稚園保育園へ配布のチラシなどでも貴社名を告知できますので、こちらのほうもよろしくお願いいたします。協賛企業になるには 多治見now担当後藤(電話09049385526)までお願いします。今日もありがとう!
BlackBerry from DOCOMO

2010年4月22日木曜日

スマートリッチなフリーランスの退職金



小規模企業共済制度は、小規模企業者が掛金を積み立て、廃業や引退に備える制度であり、いわば小規模企業者のための「退職金制度」.

一般に投資系のものは収益の20%課税ですが、この小規模共済年金は非課税と税制上も優遇されている制度なのに、利用しているフリーランスの方は少ないみたいです。

お役に立てば幸いです。

週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典




ブログパーツ

一度訪れるとファンになってしまう洋菓子店があるときき、行ってきた。



暑かった昨日、ファンになってしまう洋菓子店があると聞き、多治見を飛び出し伊那へ。


素敵な洋菓子店「菓匠Shimizu」まで出かけてきました。

はじめて訪問した伊那なので、先入観はありません。紹介した記事では「こんな田舎に、こんな立派な洋菓子店が」のようなギャップを強調していましたが、伊那はそんなに田舎じゃない。人口72000人だし、アルプスもあるし、高遠城址や伊那ゼロ地点など観光名所も豊富で、緑の多いとても素晴らしい場所ですよ。

多治見だけでなく可児・土岐・瑞浪などこの地域にも「菓匠Shimizu」さんに負けない素敵な洋菓子店はたくさんあると思います。何が違うというのか?

商品力?

うん。これは確かにあると思う。ショーケースに並んだスィーツの数々はどれもとても魅力的に輝いていた。でも、もっと大事なものがこの洋菓子店にはありました。それは・・・

「魅力的な物語」とその物語を支えていたスタッフの方々

 この店が注目されたのは、メンタルトレーナーの西田さんの著書がきっかけといいます。その本にどのように記されていたのかわかりませんが、「夢ケーキ」という話がその本に載り、ネットの記事になり・・・と広がる「物語」があります。それは、店主の清水さんが心豊かな感性をはぐくみ、地域のために何かできないか、とアイディアをめぐらせたところから、現在は800もの無料ケーキを作っている・・と「物語」がどんどん広がっている。そして、それをスタッフの方々も支えている・・ということです。

 商品は良い、値段も安い、だけでは売れなくなっている時代に、この洋菓子店さんが取り組まれていることはとても意義あるだけでなく、「これからの時代に我々は何をしていったらよいのか」という仕事への取り組みについて教えて頂いたような気がします。

 今日もありがとうございました。




週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典




ブログパーツ

2010年4月18日日曜日

日本創新党 プレ記者会見 全脳会議ワールドカフェ

本日4月18日、日本創新党 結党記者会見の2時間前に、神田昌典先生が呼び掛けてスタートした全脳会議ワールドカフェ・『日本の未来を描こう!』が、日本創新党 結党記者会見場にて開催されました。


呼びかけ人の神田昌典さん、そして、日本創新党さんの山田宏党首のご挨拶


前・横浜市長中田宏さんのご挨拶


斎藤弘・前山形県知事さんのご挨拶

これは、現在わが国が抱える7つほどのテーマを



それぞれグループに分かれて、「全脳思考」を使って課題解決を日本創新党さんをはじめ多くの政党に提案する、というもの。

今回、僕のチームが担当したのは、「ハウジングプア問題」。

 ハウジングプア問題、というのは、失業などによって住まいを確保できない労働者が増加しており、社会現象になりつつある、という深刻な社会問題です。

 そんな難しい問題、解決できんの?普通なら不安いっぱいになるところですが、さすが全脳思考をマスターした人たちは違います。

 今回、突然リストラを通告され3ヵ月後に社宅から退出しなくてはならなくなった43歳男性(妻・2人の子供有り・経理職・資格なし)といったモデルを登場させ、
(1)彼が120%ハッピーになる3ヶ月のストーリーを「全脳思考モデル」で描き、
(2)政策として期待すべき具体的提言
を日本創新党さんの山田宏党首、前・横浜市長中田宏さん、前・山形県知事斎藤弘さんに提出する演習を行いました。

同席したのは、フォトリーディング、マインドマップ、全脳思考のインストラクターとして活躍している方がたや現役女子大生さんなど、女性4人、男性3人の計7名。

「ハウジングプア問題?なんじゃそりゃ?」というところを、就職活動の勉強に勤しむ現役女子大生の方が的確に分かり易く解説してくれてスタート。

 120%ハッピーにするモデルを、43歳男性としたもんだから、ほぼ同年代の男性陣はドキッとしながら「いきなりリストラで社宅出なくちゃならなくなったら、どうすりゃいいんじゃ?ホントに120%ハッピーになんてできるんか??」と頭の中が??だらけになりながらも、さすが柔軟で共感力の高い女性陣たちからどんどんアイディアが飛び出し、気づくと、他のチームよりも最短で問題解決が出来たようでした。



 ちなみにわがチームでは、都会でリストラに会い、ハウジングプア状態に陥った渡辺さん一家が「都会暮らしで年収が高いことが幸せ」といった価値観から「田舎で家族や地域の方々と楽しく仲良く過ごす」という価値観に転換し、田舎で農業経営に悩む人たちの助けを行ないながら、遠距離通勤の生活から家族で毎日食事を囲み、少子化・若者離れで悩む地域の人たちからも頼りにされ、「あなたが居るから助かるよ」と言われる生き方に変わった、というストーリーが出来ました。


 政治提言としては、リストラや急な失業などでこうした事態に陥った際のセーフティネットの整備として、
1、ハウジングプア防止として無利子での融資制度
2、こうした方を対象とした地方への高速道路料金の割引、
3、厚生労働省と地方自治体とのUターン、Iターン&観光旅行促進施策
などを行ないました。

 私は、残念ながら次のスケジュールのため日本創新党さんの記者会見本番やその後の交流などに参加できなかったのですが、短時間で複雑な問題解決に使える全脳思考モデルの奥深さ、そして、一緒に問題解決に取り組んだ素晴らしい方々との出会いと柔軟な発想、斬新なアイディア、全脳思考を感情面・行動面の2面から活用する方法など、大きな宝物を頂くことができて、とても感謝しています。


追記 MSN産経ニュースで「全脳思考マップ」を手にした日本創新党幹部ならびに神田昌典さんの姿が!

お目にかかった皆様、神田昌典さん、日本創新党の皆様にお礼申し上げます。楽しいひと時をありがとうございました。
全脳思考全脳思考

アインシュタイン・ファクター 凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング 「お金」のシークレット―人生を変える“感情”と“お金”の法則 影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣 週刊 ダイヤモンド 2009年 7/11号 [雑誌]

by G-Tools


週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典




ブログパーツ

@諏訪湖なう

今日も最高に素晴らしい一日です。
BlackBerry from DOCOMO

2010年4月17日土曜日

Free Hugs @名古屋駅 フリーハグ


アメリカのジェイソン・ハンターJason Hunter 氏が2001年頃に始めた活動で、その後インターネットを通じて世界に広まった活動が、まさか名古屋で行なわれているとは・・・感激のあまりHugしてきました。

フリー・ハグズとは街頭で見知らぬ人々とハグ (抱擁) をして、素晴らしい何か(愛・平和・温もりetc)を生み出す活動、とwikiにあります。ハグ(抱擁)すると、他人との「絆」を感じます。潜在意識でつながった感があるのです。

ハグするのに理屈で考える「左脳的」な判断は不要です。そうではなく、「共感」「調和」といった「右脳的」な能力が必要です。この能力は、暗記や計算処理能力といった能力に比べてほとんど重視されてきませんでしたが、いわゆるホワイトカラーの事務的な業務がパソコンや発展途上国の労働者に取って代わられるこの時代には、新しい発想ができる能力として重視されると思われます。

フリーハグに参加することは、他人と「共感する能力」「調和する能力」「生き甲斐を見出す能力」を開発するのにとても大切なものになる、と思います。

あなたも街角でFree Hugsのプラカードをもって立っている人を見かけたら、ぜひハグ(抱擁)してみてはいかがでしょう。きっと新しい視点に気づきがあると思います。

こうした能力を伸ばし、2010年以降、世界で通用する人材を生み出すため「ピンチはチャンスのビジネス塾」を開講いたしました。

次回も木曜日開催します。詳しくはこちら → http://tweetvite.com/event/pinch3

あなたの参加をお待ちしています。
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典




ブログパーツ

ドーナツ@名古屋の高島屋

名古屋の人たちの忍耐力には頭が下がります。
BlackBerry from DOCOMO

2010年4月16日金曜日

ピンチはチャンスのビジネス塾 第2回@まなびパークたじみ


ピンチはチャンスのビジネス塾、第2回を開催しました。
トーノーセキュリティの愛知さん、そして、小牧から仲根さんと新しいメンバーも加わり、講座もパワーアップしてまいりました。

 昨日は人口動態からビジネス機会を発見する演習を行ないました。
「ビジネス機会はどこにある?」「どうすれば成功できるか?」チャンスを見つけるヒントは実は目の前に落ちていることがわかっています。

 また3年前の自分を見つめ直す演習では、私自身、皆さんの発言を聞きながら、「3年前の自分」にありがとう、と御礼の気持ちを伝えることができました。そして、3年後には現在の自分へ「ありがとう。よく頑張ったね」とねぎらいの言葉をかける、そんな人生が歩みたい、歩もう、そう思えた2時間でした。

 必要な情報が向こうからやってくる、と気づかれた方もおられます。肌感覚でわかっているけれど、頭で考えてしまうと動けないことが多いのです。多くの方々と、ビジネスを通じてこころもマネーもハッピーになるそんな素晴らしい1年間の講座にしてゆきたいと考えています。

次回も木曜日開催します。詳しくはこちら → http://tweetvite.com/event/pinch3



週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
週刊 ダイヤモンド 2009年 4/25号 [雑誌]
源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典




ブログパーツ

次の記事もお勧めです。

Related Posts with Thumbnails

こちらもお薦め