2010年3月7日日曜日

スマートリッチ フォローアップ講座その2

■今回の講座で共有したかったことその2:
支出の仕分け業務をやってみよう!


 話題になった政府の「仕分け業務」ですが、個人の「支出」に関しても実践してみると楽しいものです。お渡ししたファイルの分類に基づいて、ぜひ実践してみて下さい。

 分類は、税金、退職資金などの11項目です。これまで「とにかく将来が不安だから、まず預貯金」。と、闇雲に毎月○万円を積み立てる、貯金する、という方法で行動していた方も多いと思います。もちろん、自動的に積み立てて資産を築くには良い方法です。しかし、気づくと「何のためにいくら貯金するのか?」という大事なことを忘れてしまいがちです。そして、「貯金のための貯金」=銀行のために貯金している、という状況に陥ってしまうことにも成りかねません。

 お金は単なる「手段」に過ぎません。自分の人生を豊かにするための「手段」なのです。あなたの人生の価値観を達成するために活用するものが「お金」としたら、ただ不安だから、と貯金に励むことはもしかしたら正解ではないかもしれないのです。

 「何が起こるかわからないから貯蓄する」「将来が不安だから貯蓄する」という方がおられます。でも、来週の習い事には出席を予定しています。つまり、「将来が不安」なのではありません。(来週も将来なのです)。

「得たいがしれない」「わからない」から「不安」になり「恐怖心」が芽生えているだけなのです。

■不安、恐怖の原因を探り、取り除きましょう。

 「将来が何が起こるかわからない」のは誰しも同じです。でも「不安」と思いながらも、誰もがスケジュール帳に来週、それ以降の予定をつけています。「将来が不安」とおっしゃっている方の中にも「2011初頭にウィーンで開催される『ニューイヤーコンサート』を見てきます。予約しました。」という方がおられることでしょう。「4月に子供の入学式に出席します」と応える方もおられることでしょう。でも、ちょっと考えてみてください。

「将来が不安なんですよね。」

明日のこともわからないのに、どうして1ヶ月先、6ヶ月先、1年先のことが考えられるのでしょうか?
不安だったんですよね?

■情報に左右されているだけ。

 本当は将来が不安ではありません。

「大好きな人と来週○○をしに行く」(○○には、映画、スポーツイベント、お芝居、旅行など好きなものを入れてみてください)と考えるとどうでしょう。将来のことはわからない、明日死んでしまうかもしれない、にもかかわらず、とても楽しみになります。

 では、不安とはなんでしょう?実は、わからないことが不安の原因なのです。では、なぜ不安にさせられてしまうのでしょうか?それは、あなたが悪いわけではありません。考えることを教えられていなかったからに過ぎないのです。

 「将来ボケたらどうしよう」「要介護になってしまったらどうしよう」多くの方は漠然(ばくぜん)とした不安を抱えています。

 テレビや新聞では要介護の問題や痴呆に関する深刻な状況を報道しています。

 確かに深刻な問題です。ああいった報道を目にすれば、「もし自分だったらどうなるだろう?」考えただけで不安になります。怖くなります。万全に対処しようと思うと、何千万円、何億円もの巨額なお金が必要となる、そう感じる方も多いと思います。

 では、本当に何千万円、何億円も必要になるのでしょうか?医療保険制度はないのでしょうか?認知症になってしまった場合の自己負担額はどれほどになるのでしょうか?金銭的な負担はどれくらいなのでしょうか。多治見市でも、介護サービス利用者負担額の軽減制度が用意されています。地域の介護施設利用料金と介護保険制度とを調べると、個人負担額がいくらなのかを調べることもできるでしょう。

 そうした金額を把握することなくただ「年間○○百万円もかかるげな」といった伝聞に基づく噂話で、恐怖心を膨らませていけば、必要な金額は天文学的に膨らんでいってしまうことでしょう。金額のあまりにも巨額に生きる意欲を無くしてしまうことになってしまうかもしれません。

 恐怖に身がすくみ、「ではいくらあったら安心なんですか?」と尋ねると答えられません。「万全を期したい」という方もおられます。でも、万全を期すために必要な金額は一体いくらなのでしょうか?国家財産以上の金額となってしまうことでしょう。そんなことは現実的でしょうか?そんな巨額をあなたは準備する必要があるのでしょうか?

■必要なことは、あなたの人生の価値観に沿った目標達成に必要な金額を得ること。

「日本人の死亡原因の約3割がガンなのです」こんな宣伝を見かけると怖くなります。この情報だけを鵜呑みにするとガン保険に入らなければ、と思ってしまいます。ですが、遺伝的に癌になる可能性が低いことがわかっていたらどうでしょうか。

 多くの人は、遺伝的に癌になる可能性が低いのに癌保険に入ってしまうようなものです。

 あの手この手で癌保険に加入することがあなたの人生にとって必要不可欠だ、と洗脳しようとする人たちがいます。それは、そう信じてもらったほうが彼らにとって都合が良いからです。

 テレビや新聞で、学者や教授といった方々が真面目に議論されていると、正直もので人の良いあなたは信じてしまいます。自分が癌にかかりにくい遺伝子を持っている、ということがわかっていても「不安だからこれは外せない」と保険に加入してしまいます。不安を増長させることで、本来、不必要なものにお金を費やしてしまうのです。

■墓場までお金を抱えて持っていくことはできません。

 将来に不安を抱えて、恐怖のあまり、お金を溜め込むだけ溜め込んでも天国には持ってゆけません。お金を使え、ということを言いたいのではありません。「人生の価値観」を見直してみよう、ということを申し上げているのです。あなたが不安に感じていること、恐怖に思っていること、その正体と向きあってみましょう。何を本当に大切に思っているのか、そして、90歳以上まで長生きされる皆様が、その時間を素晴らしい時間に変えるための講座がこの「スマートリッチ」講座です。

■次回の講座は・・・

 ご要望の多かった、資金づくり、資産・財産づくりのアイディア、具体的な方法についてご紹介してまいります。

題して「あなたのあちこちで使うちょっとしたお金を財産に変える、単純で確実な方法」です。

それでは、次回の講座をお楽しみに!元気なあなたと再会できることを楽しみにしています。そして、ご要望、こんな話を聞きたい、こういうやり方はどうなのか?等のご質問は、ブログのコメント欄もしくは、メールにてご連絡下さい。次回の講座までに準備しておきます。それでは、良い一日を!

源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典
源氏絵物語 本物の絵と声で楽しむ日本の古典


ブログパーツ

次の記事もお勧めです。

Related Posts with Thumbnails

こちらもお薦め